会計事務所の求人で新しい働き場所を探そう

笑顔の人

社会資本整備の人材確保

住宅模型

社会資本整備の必要性

わが国は、国土が急峻にあって、四つのプレートに挟まれているため、地震などの自然災害に見舞われることがしばしばあります。これらの自然災害に備えるためには、防災施設などの整備が必要となっています。また、今後も経済成長を続ける必要があるため、社会経済の礎となる道路整備といった交通インフラの整備も必要となっています。道路整備については、欧米などと比較しますと、まだ十分とは言えない状況にあります。しかし、団塊世代の大量退職だけなく、少子高齢化社会の進展に伴い、社会資本整備に不可欠な施工管理の人材が不足している状況にあります。そのため、社会資本整備に伴う施工現場における施工管理が可能な人材確保を図る必要があります。こういった人材を確保することで、わが国の社会資本整備が進められることになります。

人材確保にむけた方策

社会資本整備を推進していくうえでも、施工管理を行う技術者の人材確保が必要なため、効率的な求人活動を行う必要があります。求人活動を行う際には、給与条件を明確に示すとともに、福利厚生といった条件面だけでなく、個々の能力を引き出すためのインセンティブを示す必要があります。たとえば、求人広告の中で、資格取得補助といったことを挙げることができます。こういったインセンティブを付与することで、未経験者でも社会資本整備への興味を示し、施工管理の道を選択してくる可能性があります。こういった効率的な求人活動によって、幅広い年齢層からの雇用が期待できます。そして、ベテラン技術者からの指導を受け、資格を取得することで、モチベーションも高まり、品質に優れた社会資本整備が実現できます。また施工管理のお仕事を探している方は、それに特化した求人サイトを見てみましょう。