会計事務所の求人で新しい働き場所を探そう

笑顔の人

施工管理と仕事内容

模型

施工の仕事でのキャリア

現場監督の仕事は施工現場における管理職的な役割を担う重要なものです。この仕事は技術力を積み重ねる事で転職する事も容易になる為に人気の高い職種とされています。更に、専門資格を取得すれば工事現場や建築作業に携わる上でキャリアアップの一環となり、能力の証明が給与面にも反映されることから人気の高いものとなっているのです。現場監督として求人先で認められるには建築関連の資格が必要です。これは建築設計の専門資格や施工現場の管理に関する知識で、求人先の現場を取り仕切る為に必要不可欠な能力となります。その結果として経験を培い施工管理の技術力を養っていく道筋で専門資格を取得してキャリアの向上に役立てる方法が多くの方に利用されています。

施工現場の統括

現場監督の仕事ではさまざまな知識が要求されます。これは求人先で工事の指揮をとる仕事であることから、建築だけではなく内装や電気工事に加えて左官などについても熟知しておく事が求められるのです。それ故に、求人先となる建築現場では施工管理者としての経験と知識が必要とされます。そして、各現場を取り仕切る上では職人の気質を把握しリーダーとして個々の人材を統括する能力も必要です。これは工事の進行具合を正確に把握し段取り良く施工を進めて行く為に必要な能力です。また、各分野の職人たちと交流を交わし円滑な現場を作るためにも優れたコミュニケーションンスキルが要求されるのです。その為、現場監督には人間性も問われることになります。