会計事務所の求人で新しい働き場所を探そう

笑顔の人

転職で必ず必要なアイテム

書類

数枚にまとめる技術

転職活動を始めるにあたり、まずは書類の作成が必要となり履歴書と職務経歴書は必須の書類と考えましょう。特に職務経歴書は過去のキャリアをアピールするために重要な書類となり、書類選考であなたの変わりとなって面接官へアピールしてくれる重要なツールです。初めて職務経歴書を作る場合は、どの様な内容で作成をすれば良いか迷うかもしれませんが、ネット上でフォーマットをダウンロードし、それに沿って作成をするだけで簡単に作成が出来ます。職歴が多い人の場合でも、必ず数枚程度にまとめられる様に心がけましょう。出来れば2枚から3枚程度にまとめ、重要な要点に絞って作成する様にし、面接官が読みやすい様にしましょう。時には少しフォーマットよりも完結にまとめる必要がありますが、ご自身の経歴の数や内容に合わせて変化させると良いでしょう。

求人に合わせた作成方法

一般的に職務経歴書は一度作成をすると、同じ書類を使って複数の企業へ提出しますが、時にはフォーマットを元に内容を変えて提出するとより効果的な印象を与える力があります。例えば、営業職の求人へ応募する際に、過去の経歴は新規営業をメインに担当してきたため、職務経歴書にも新規営業の経歴を中心に記載をしている場合、応募する企業が既存営業をメインに担当する職種の応募であれば、内容を既存営業の実績に書き換えるとより効果的となります。一つのフォーマットを元に、少しだけ内容を変えるだけで構いません。そのため、応募する企業へ合わせた経歴の書き方や見せ方で面接官の興味を引き、結果的に書類選考に通過しやすい書類となるでしょう。